読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の引き出し

解決したい問題点、迷った時振り返りたい気持ちをまとめておく。

仕事の総量と内訳

(2013.10.02)

ビジネスとは?

 

客数 x 客単価 x 購入回数 だけでできている。

 

商売として、利益の内訳としてはこちらの計算式で間違いないよね。

 

 

タイトルの

 

仕事の総量と内訳

 

 

販売会社に勤めていれば、必ずついてまわる個人実績。

 

『何をどんだけ売ったんだ?』

『平均客単価はどんなもんなんだ?』

 

まぁいろいろ突っ込まれるわけですわw

 

評価対象にならない仕事ももちろんアフォみたいにあるわけだし、他人の評価対象の仕事もやらなきゃいけない(休みの絡みでお互い様だからね)

 

 

で、内訳の話。

平均単価が低い人と、高い人。

いろいろいるけど、月末の数字はなかなかの接戦。

 

結構前に気になった言葉。

平均が低い人が総額で上回ったとき、『内容が良くないよね。』と、第三者。

『平均が高い人が同じ台数こなせば、もっとよくなるじゃん』

 

 

ちょっと待て。と思ったが、その時は自分も第三者(第四者?w)なので沈黙。

 

 

小さなものをコツコツ積み上げてできた結果と、大砲一撃で作った結果。

ケツで大差がないなら、それぞれ得意なやり方でもよくね?と。

 

お財布に1万円入ってます。

1万円札が1枚。

千円札が10枚。

合計額は一緒だもんね。

 

 

昔、本田宗一郎が言ったかどうか知らないけど。

排気量が半分しかないなら、エンジンを2倍回してしまえ!

 

 

ちょーカッコイイんですけどー♪的なw

 

 

平均が高い人の武器は、重くて振り回せない。

イチローだって安打数が多くても本塁打は多いわけじゃない。

何事も比例するとは限らないからね。

 

 

まぁ仕事の総量が増えれば、それだけ携わってる人のリスクは増すけどねw

 

 

個々の得意分野を見極めて、一番バランスよく、負担が少なくモリモリ稼げる方法で年末に備えよう。

 

 

まぁ店長じゃないんで偉そうなこと言うと怒られるけどねwww

 

 

水戸黄門の弥七的なアクティブポジションで頑張りますよ(うっかり八兵衛ではないはず。。。)