読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の引き出し

解決したい問題点、迷った時振り返りたい気持ちをまとめておく。

知りながら害をなすな

かるくぼやきたい気分。。。


会社の上層部から誤解された状況でお叱りを受ける。
トラブルが発生した事実は変わらないが、その対応方法が悪いとかなんとか。

まだ事実確認の途中なのだが、上層部としては【長引いている上に、余計な仕事を増やすして巻き込むな!】とのことw




モヤモヤした気分を少しでも紛らわそうと、こんな時間からビールがぶ飲み(2本目)しながら読書。
誤字脱字があれば、酔っぱらいなので了承願いますw




すべての仕事に通じることではあるが、


【知りながら害をなすな。】


ドラッカーに学ぶブログ・マネジメント/倉下忠憲

¥価格不明
Amazon.co.jp

ブログを書く身としては、わかりやすく色々表現を変えて翻訳していただいたような本。

著者のtwitterもフォローしてますが、スっと染み込むような言葉が多くて好き。



タイトルの言葉。

以下引用。

ギリシャの名医ヒポクラテスの誓いの言葉と言われています。

  プロたるものは、医者、弁護士、マネージャーのいずれであろうと、顧客に対して、必ずよい結果をもたらすと約束することはできない。しかし知りながら害をなすことはしないとの約束はしなければならない。顧客となるものが、プロたるものは知りながら害をなすことはないと信じられなければならない。これを信じられなければ何も信じられない。





お客様に対して、起きてしまった事実の確認をしている途中ではあるが、こちらの話に対しても耳を傾けていただいた上で、落ち度がないことも理解いただいております。
起きてしまった原因が、少なからず理解できればいいとのことなので、それについての調査など、いろいろ腑に落ちないことについても調査協力を行っている現状。


保証の有無ではなく、補償がないなら壊れてもいいのか?との疑問に対する回答と、そんな簡単に壊れるものなのか?との疑問。

責任の所在を確定させるものではなく(ほぼ【運とタイミング】でしかない)、気持ちの整理のお手伝いをしている状況。

起きた事実から目を背け、話をすり替えて揉み消すのは俺の仕事ではないな。。。




チームで仕事してるのに、いろいろ勝手に動き回り、話をややこしくしている様な言われっぷりで叱られたが、、、


チームってなんだよ?

当事者を割り出して、実際に関わった人に責任を押し付けて、休みをつぶしながら時間外にもいろいろ動き回り、気に入らないことがあれば憶測で叩く。

自分の立場を守るために、誰かを踏み台や盾にして矢面に立たせ、安全な場所から味方に対して背中めがけて石を投げる。

それが上層部の管理業務なのでしょうか?


何かしらのミスでも起こしたら、上層部から何を言われるかわからない。
やらなくても時間さえすぎれば給料はもらえる。
報告書ベースの仕事量ならいくらでも改ざんできるし、他人の実績を自分に乗せて報告すればいい。


リスクを負わないことが一番安全だから、若手の育成に対しても【リスクはゼロにしろ】になってしまう。

利益だけを優先してしまうので、守れない約束をしてしまう。


販売会社として存続するためには、顧客があってこそ。

上司の機嫌をとって出世することもできるかもしれないし、仲間を踏み台にすることも可能かもしれない。


きれいごとかもしれないし、甘ちゃんとか言われるかもしれないが、そんなことで得た肩書きはいらない。
肩書きが仕事するわけじゃないし。

小さな経験を積み上げて得たノウハウ、スキルを持って生きていきたいな。


無能な上層部のご機嫌を取れる、言われたことだけきっちりできる集団を作りたいのだろうか?


誰と向き合って仕事するか、いろいろ考えてしまう一日だったなぁ。。。



今日は引きこもってひたすら飲む。