読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の引き出し

解決したい問題点、迷った時振り返りたい気持ちをまとめておく。

リスク管理と逃げ道

(2013.10.14)

無駄すぎる細かな記憶力。
些細なツッコミに潜む黒い内心などが垣間見える瞬間、しばらく恐ろしく心に残る。

言葉はブーメランとはよく聞く。
普通は聞かないかな?

普通の環境とは、その人にとっての普通。
自分の普通は他人に当てはまらないね。

仕事の段取り、その後のチェック体制
何かが起きた時に発見しやすいように考えて組み立てる。

何かが起きてしまったら、そのトラブルの対処に全力を。

原因究明の際、数人が関わる事象の場合、いつの間に責任の所在を追求し始める。
これ、後回しでいいよね?と思う。
原因究明ではなく、「自分が悪くないということを証明したいだけ」の時間と手間に変わってる。


ドタバタして、後片付けなどが疎かになってしまうことは多々ある。
色々抱え込んでれば、誰かに助けて欲しい時もある。

誰かが片付け忘れていることを、犯人探しから始めてしまうと片付かない。
目の前にある、片付けてもらえなかった工具たち。
気付いた人が片付けてあげれば済むと思う。

自分でやらないと反省しないから。なんて意見も聞きますが、反省させるのは解決策じゃないよね。

忘れてしまうのは、
人間だもの。
みつを

的に?受け入れてあげる器が欲しいなぁ。。。

気付いてるのにそのままにしておく方が、「知りながら害をなすな」と、ドラッカーさんも言うように、忘れてしまうよりタチが悪い。

忘れっぽいことを棚に上げて逆ギレしてるんじゃないよw
忘れっぽい人がいるなら、補い合う心が欲しいと言いたい。

それぞれの人が、100%なんでもキッチリこなしてるならいいけど、結局は助け合いが必要なわけだし。。。


書き出しの言葉。

ここには書けないくらい、色々な不用意な言葉を発している現場に立ち会う。
意見は人それぞれ、ここの書き込みも個人の意見です。

発する側はその場で忘れていると思うが、突き刺さる言葉には、いつまでも消えない疼きが残る。

自分が受け止めきれなくなるような言葉で他人を責めることは、ブーメランとして帰ってくる。

どうせ帰ってくるなら、積み上げた優しさと信頼の方がいいなぁ。。。

リスクを負わないという、長期的な信頼構築に反するリスク。
目先の利益で人を傷つけないように、言葉一つを大切に生きよう。