読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の引き出し

解決したい問題点、迷った時振り返りたい気持ちをまとめておく。

【客商売】と【殿様商売】

(2013.09.26)

お客様とお殿様。

 

お客様目線。などと、接客業では当然の言葉ではあるが、

組織のピラミッドが、ものすごく尖った三角形の場合(頭の中に勝手な個人的イメージ図w)

トップダウンの指示系統はあるのだろうけど、ボトムアップの現場の意見は上がりにくい。

 

いつ来るかわからないお客様に備えて準備をする。

これはなかなか大事だよね。

<a href="http://gigazine.net/news/20110908_moonshot_design_cedec2011/" target="_blank">プロフェッショナルな仕事の話で、とても感動した話も。</a>

 

これは何度もFBでシェアしてるけどね

時々読み返して、次の日のスイッチ入れてます。

 

 

書き出しにある、お客様とお殿様。

 

接客であるが、販売してナンボの仕事でもある。

販売チャンスを逃さないように、レストランで言えば、いつでも座席とスタッフを受け入れに残しておく。

 

飛び込みのお客様が来た時に、『満席です』と言わないため。

注文を受けた時に、『時間がかかります』と言わないため。

 

満席にしないために、その手前で受付を打ち切っていないか?

時間がかかってお待たせしないように、時間のかかることを断っていないか?

 

時間のかかるものを受けた時に、座席と人手を取られないように、後回しにしていないか?

 

 

逆の視点で言えば、受けるだけ受けて、約束を守れないような状況になっていないか?

約束を守るために、ルールを破っていないか?

ルールを守るために約束するのをためらっていないか?

 

お客様あっての商売を意識し、末永くご来店いただけるようにするのが客商売。

 

上層部からの『いいからやれ!』に従うだけでは殿様商売。

 

ちゃんとお客様を意識できてるか、店側の都合で判断してないか。

 

頭カチカチになってないか、毎日リフレッシュしないとね。

 

しっかり前を見て、軸足を地につけて、誰も損をしないのが理想だけどね。

 

 

 

ちょうど<a href="http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130924/253765/?n_cid=nbpnbo_bv_img" target="_blank">面白い記事</a>があった。

 

『二兎追うものは一兎を得ず』とは言うけれど、『二兎を追えば、二兎ともゲットしちゃうかもよ?』みたいな考えも悪くないよねw